こんな枕はNG!ストレートネックの人は避けた方がいい枕とは?

症状改善に繋がる枕!硬い&低い枕はストレートネックの危険

ストレートネックだと判断するために

日本には多くの患者がいますが、ストレートネックという名前はあまり知らされていません。なんか最近頭痛や肩こりなどが酷いなと感じたら、ストレートネックを疑ってみると良いですよ。なお、ストレートネックと判断出来ない場合は病院などを利用することです。そこで、ストレートネックの診察可能な医療機関をチェックしましょう。

ストレートネックを診てもらえる医療機関

婦人

整骨院

柔道整復師と呼ばれる国家資格を持っている人が在籍しているのが整骨院となっています。整骨院に行くことで、ストレートネックだと診断をしてもらえて牽引治療や骨盤矯正などの治療を実施するでしょう。

鍼灸院

鍼と灸を使用して身体の不調やバランスなどの改善を目指すのが鍼灸となっており、基本的に鍼灸院で治療可能です。ストレートネックに関しても鍼灸院で診てもらえるでしょう。

マッサージ院

マッサージ院でも、勿論ストレートネックを診てもらえます。マッサージ院では、マッサージを用いてリンパと血流の流れを良くしていくのでストレートネックの治療に効果的と言えます。

整形外科

上記3つとは異なり、痛みを和らげてくれる薬物療法もするのが整形外科となっています。なお、整形外科の場合、本格的な治療と言うよりかは投薬メインとなるでしょう。

こんな枕はNG!ストレートネックの人は避けた方がいい枕とは?

レディ

硬い枕

上記にてストレートネックを診てもらえる医療機関について紹介しましたが、結局は日頃の姿勢や生活習慣などを改善しないことには完璧に治るとは言えません。そこで、寝姿勢が重要と言われるストレートネックの人が避けた方がいい枕について見ていきましょう。基本的に硬すぎる枕は危険です。枕の高さに問題が無くても、枕が硬すぎると結果的に顔が下にうつむいてしまいます。その影響で首に負担がかかってしまうでしょう。

ウーマン

逆に低すぎる枕

高すぎる枕は駄目ですが、一方で低すぎる枕もNGとなっています。枕が低すぎると首のサポートが無くなるので、寝姿勢が悪くなってしまうでしょう。寝姿勢が悪くなり、首に負担がかかってストレートネックの悪化・発生に繋がりますよ。枕1つで症状が左右されるので、ストレートネックを治していきたい人はしっかりとチェックすることが大事ですよ。

こんな症状に要注意!ストレートネックの症状一覧

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 首の痛み・首が動かない
  • 手の痺れ
  • ふらつきやめまいが発生する
  • 上を向きにくい
  • 寝違いが頻繁に発生する

広告募集中